トップ

病院の案内の事について

総合や国立病院って広くて、診療科も多く迷った経験はありませんか?今の時代は、カフェやコンビニが併設されているところも多く、外来や入院患者様以外にもお見舞いの方や職員などの満足度にも注目しているところが多いようです。そのため、とても複雑化しているところもあり、案内係という職員が居ます。受付の方が交代制で行っているところが大半です。どこに診療科があるのか。何階に何科の入院病棟があるのか。迷ったら聞いてみるのはいかがでしょうか。その病院の特徴や、外来が空いている時間などのお得な情報を持っているのも案内係の方でしょう。

広い医院では案内の有効利用を

広い病院を初めて受診したりお見舞いに行った際、「広すぎてどこにあるか分からない」ということが多いのではないでしょうか。最近では何棟にも分かれていて、どの診療科がどの棟にあるのか分からない、入院病棟はどこ?と探し回らなくてはならないほど、複雑な構造になっているところもあります。そんな時に利用したいのが案内です。総合受付でも教えてくれますし、近年ではボランティアの人が玄関口に立っていて場所を教えてくれるところもあります。病気を持って来ているのに、広い病院で場所が分からず歩き回るのはかなり大変だし身体に負担もかかります。有効に案内を利用して安心して受診をしてください。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院で迷った時には案内を. All rights reserved.